Sponsored

お知らせ

詳しく読む

カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティを購入!

カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティを購入!

お久しぶりでーす、風船(@fusen_niconico)です!

更新するとか言っておきながら全然更新をしていないっていうオチでしたw

さてさて、またまたAmazonから箱が届きました!

IMG_4551

ところで、みなさんはセキュリティはどうしていますか?

  • フリーソフトで済ましてる!
  • ?バスターつかってるよ!
  • ちゃんと入れてある!(使用期限とうにすぎてる)
  • むしろ入れてない←論外

Macを使っていてもやはりセキュリティソフトぐらいは入れておきたい!そんな思いから、今までも入れていたカスペルスキーを更新購入しました。

安定のカスペルスキー

2013からはプライベート版と呼ばれる初のバージョンが出ています。

IMG_4553

このプライベート版というのは、個人で所持しているデバイスに限り台数に関係なくいくらでも導入できるというものです(実際は10台までしかインストール出来ないらしいですが、個人でそんなに持ってるわけねーだろという事で・・・)

 

実際に中をみてみるとこんなかんじでした!

IMG_4555

 

では、一番変わったアクティベーションコードの書かれたものあたりを取り上げます!

IMG_4557-e1358654525380

普通の紙からこんな少しゴージャスな感じになりました!

IMG_4558

開けてみると…

カスペルスキーのシールとともに、アクティベーションコードの書かれたカードが出てきます!

IMG_4559

シールは初めて見ました(゜o゜;

私が使っているのはMacなので

Macのカスペルスキーの画面を…。

2013-01-20-13.04.55

若干ですが、UIが格好良くなっています。

当たり前ですが、Mountain Lionにも正式対応済みのものなので嬉しいです^^

 

最後に

やはり、Macと言えどもセキュリティソフトは入れておくべきだと思います。

最近、Macの利用者が急増していることを狙ってMac用の詐欺アンチウイルスソフトなども出てきています。

もちろん、Appleが削除用のアップデートを提供はしてくれますが、それが提供されるまでタイムラグがあります。

Macだから大丈夫。

本当にそうでしょうか?

 

ちなみにですが、カスペルスキーセキュリティ For Macは、Windows向けのウイルスなども駆除してくれるので、影響はなくてもWindows向けのウイルスを入れてしまっても自動的に駆除してくれますので安心です。

 

今回は、Mac向けを前提に記事を書きましたが、次回はWindowsに実際にインストールしてみて検証してみたいと思います。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)