Sponsored

お知らせ

詳しく読む

MacでWindows 7を外付けSSDから起動する

すっかりSSDの虜になっている風船(@fusen_niconico)です。

今日はちょっとした豆知識というかなんというか豆知識を紹介したいと思います。

皆さん、MacにはSSDを搭載していますか?私の使っているiMacはHDDモデルなのでBootCampでWindows 7をいれるとプチフリなどがたえず使い物にならないレベルです。

どうにかして快適にしたい!というとやはりSSDを使うのが一番ですよね。

しかしながらWindowsは外部ドライブにはインストールを行うことができません。

が、とあるデバイスを利用することにはなりますが、外部SSDにインストールすることはできます。インストーラの設定を書き換えたりなどの特別な手法は必要とせず、デバイスを利用するだけで可能です。

そのデバイスがThunderbolt接続のSATAアダプターです。

Seagate Backup Plus Portable Thunderbolt Adapter

私はこちらを購入しました。

普通にアダプターを介してSSDを接続し、Windows 7のインストーラーを起動させるだけでインストール可能です。

私の環境だとiMacではインストールがうまく行えなかったので、違うマシンで初回の再起動までの工程を行い(それ以降はインストールメディアがなくてもインストールは続行されます)、その後はiMacにSSDを戻してインストールを再開しました。

 

さて、まずは実際の検証結果を見てみましょう。

1

プライマリハードディスクが最大の7.9になっているのがわかります。

さて、なぜThunderboltのSATAアダプターでWindows 7をインストールできるのでしょうか?

答えはThunderboltの仕組みにあります。

Thunderboltは簡単に言ってしまえば、PCI Expressの延長のようなものなので、このデバイスはPCI Expressに搭載されているSATAコントローラみたいな扱いになります。だから外付けドライブではなく”内蔵ドライブのようなもの”の一つとして認識されるのです。外付けであろうとPCI Express接続(という扱い)のSATAコントローラを搭載しているThunderboltのアダプタなので、Windowsからは内蔵ドライブとして認識されるため、Windowsの起動ドライブとして利用できるわけです。

唯一のデメリットといえば、別途割高なデバイスが必要になると言うことですが、これだけの利便性があるのであればそれほど痛くない出費なのかもしれません。

ただし、SSD本来のパフォーマンスが発揮されているとはいえない速度になったりもするので、やはり正しい使い方ではないのかもしれません。

あくまで自己責任の上でどうぞ。

内蔵ドライブがHDDでSSDに換装するのが難しい場合の最終手段として覚えておくのがよいと思います。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 以前、外付けSSDでBootCampでご紹介したSeagateのThunderbolt HDD Adapterを利用して構築します。SSD側は理論値10Gbpsで転送可能ということになります。また、Thunderbolt経由のため、システムからはSATAという扱いで見られます。(ただし外付け認識) […]

コメントする

*
*
* (公開されません)