Sponsored

お知らせ

詳しく読む

iPhoneが修理交換で変わってしまった人は注意!ネットワーク利用制限に?

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。
最近になって気がついたのですが、iPhoneの支払いが未だに終了していない扱いになっていました。

MNPでSoftbankからdocomoに移動してからも、端末の料金を支払い続けていて、昨年の末あたりに支払いが完了していたはずなのに、ネットワーク利用制限の確認をしてみたらなぜか債務不履行の疑いなどで利用制限がかかる可能性のある「▲」になっているというものでした。

softbank_sankaku

私の場合、iPhoneを利用しているときは端末の交換を十数回と行っていた身でした。理由はいくつかありますが、iPhoneの場合”修理”という概念は存在せず、すべて交換となってしまうため、結局問題が解決しないまま連絡を続けていたらこのような回数になっていました。

iPhoneを交換すると、端末固有の番号であるIMEIというものが変更になります。携帯キャリアはこのIMEIという端末固有番号をもとに支払いの状態管理などを見ていて、盗難端末や完済していない端末の利用制限などを管理しています。

IMEIが変更になる=端末が変更された

と通常であれば判断されますので、iPhoneのこの制度がやっかいになってきます。

端末を一括で支払ってしまっている方は、債務不履行もなにもないのでその後端末が交換になったとしても”完済済み”の印は変わりません。(ただし、SIMカードを挿してSoftbankと通信しないと端末のIMEIが送信されず、Softbankに保管されている支払い情報と交換端末のIMEIが紐付けられず、支払い状態が記録に残りません。完済済みであってもこの点の注意が必要です。)

さてここで問題になるのが、分割支払いで端末代を支払っているユーザーです。

支払いの情報はIMEIで管理されていると先述しました。

iPhoneは一度でも交換を行うとIMEIが変わってしまうため、そのままでは今後存在しなくなる旧端末のIMEIのまま支払い情報が続いてしまいます。そのため本来はSoftbank側にその情報がしっかりと行き、IMEIが変更されるはずです。(おそらくそのシステムはあるはずなのですがしっかり働いていない?)

しかし、今回の場合はAppleからSoftBankへIMEIの変更通知が届いておらず、旧端末での支払い情報がしっかりと新端末に引き継がれていなかったために、このような状況に陥ったようです。古いIMEIのままで放置すると、新しいIMEIの端末は「私が確かに完済した端末の交換端末です」という情報が残らないため未完済端末という扱いになり、売却する際などに売却を承ってもらえないなどの不都合が生じてきます。

どうにかするにはとりあえず電話すること

この状態になってしまったら、ひとまずSoftbankのコールセンターに連絡しましょう。どうやらショップなどに行っても対応してもらえないようですのでショップにいくだけ無駄足になります。

足を運ぶならば、その場で無料(国内からであればどの回線からかけてもフリーダイヤル)で対応してもらえるので電話のがいいかと思われます。

私の場合、MNPで移動してしまっていてSoftbankの回線を持ち合わせていないので一般電話としてかけました。Softbankの回線をお持ちの方は157で直通でつながります。ですが、今回のような事例ではSoftbank回線でかけない方がいいのかもしれません。

では、一連の流れを備忘録みたいな感じで。

音声ガイダンス

音声ガイダンスが流れますので電話機のプッシュボタンで操作します。

私の場合は、とりあえず「2」を押して”ご利用料金・お支払い方法の変更”を選びました。

さらに詳しい内容を選ぶように促されるので「9」を選択。これはその他です。

ここで、暗証番号を入力するように言われますが、解約回線の暗証番号を押しても「確認がとれませんでした」と言われて電話を切断されるのでそのままひたすら待ちます。

オペレーターへ接続

暗証番号を入力せずに待っていると、オペレーターへと接続されます。

おそらくすぐには接続されません。待たされます。

つながったら、初めに用件を伝えましょう。「御社で利用していた解約済み端末の支払いが完済しているはずなのですが、未だに支払いが完了していない扱いになっているので確認をしていただきたいです。」

その後、本人確認としていくつかの質問がされます。ここでは安全のために記入しないでおきます。

本人確認がされると、向こうで端末の状態について確認してもらえます。ここでまた待たされると思います。

この後、次のような質問をされるのでだいたいでもいいらしいので答えましょう

1.どこで交換したか?→Apple StoreやApple Careのコールセンター

2.いつぐらいのことか?→私は去年の4月あたり

3.何回ぐらい交換したか?→私は11回

複数回線をお持ちの方の場合はわかりませんが、私は単一回線だったのでどの端末かなどは向こうで把握してもらえました。

日数がかかる

無事、質問に答え終わるとまた保留にされて確認しに行きます。

その後、「Appleに確認をとるのに2・3日かかるので対応はその後になる」

同様のことを言われるはずです。機械的な確認だけじゃ終わらないからそんなかかるんですかね(;´Д`)?

私の場合は土日を挟むので月曜日あたりになってしまうと言われました。

何はともあれ、これで一応連絡は完了です。これで1週間以上たっても●に変わらなかったらまた連絡しましょう。明らかにおかしいですからね。

まとめ

今回の事例は、AppleとSoftbank間での交換状態の情報伝達の不備によって起こったと説明されました。とは言っても、今回のような事例は調べてみればいくらでもでてくるので、おそらくたまたま起こったものではないでしょう。

いずれにせよ、分割ユーザーで完済しているのにこの表示のまま変わらないという方はすぐにでも連絡しましょう。

追記

週明けに確認してみたところ、無事に結果が○に変わっていました。

softbank_maru

キャプチャは2014/03/31ですが、実際には2014/03/17には○に変わっていました。(確認済み)

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)