Sponsored

お知らせ

詳しく読む

Apple Musicに学割で加入してみたよ。

Apple Musicに学割で加入してみたよ。

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

Apple Musicがいつの間にか学割に対応してたみたいなので自身の特権を活かして契約してみました。

契約には通っている大学・大学院のメアドが必要

LINE MUSICは学校名を入れるだけで学割になっていましたが、Apple Musicは通っている大学・大学院から配布されるメールアドレスが必要になるみたいです。(@***.ac.jpなど)

配布されない大学はないと思いますが、一応そこだけ気をつける必要がありそうです。

短大、専門学校、専門課程も対象となったようです。大学・大学院生のみならず、上記3つの場合でもメールアドレスを持っていれば登録できるようです。

実際に学割を適用してみる

iTunesから

専用バナーが出ているので、iTunes Storeから開きます。

バナーをクリック

単純に見るとLINE MUSICの学割よりも安い(30日間チケットで¥600、Apple Musicは¥480)

「利用資格を確認」をクリックするとUNiDAYSと提携したApple Musicの利用資格確認ページに遷移します。

iOSデバイスから

お手持ちのiOSデバイスから登録する方法はこちらです。

まず「ミュージック」アプリを開き、「For You」タブを選択。

「プランを選択」をタップします。

プランの選択画面になるので、ここで「学生」をタップして選択して「利用資格を確認」をタップするとUNiDAYSと提携したApple Musicの利用資格確認ページに遷移します。

ここからはiTunes・iOSデバイス共に共通作業です。

 

メールアドレスには自身が普段使っている個人的なメールアドレスを入力。大学は通っている大学を入力。長い正式名称ではなく、あくまで大学名だけを入力すれば自動的にリストから絞られて選択することができるようになります。逆に言えば、リストにない大学は対応していないと言う事になりますね…。

入力したら

今度は、大学のメールアドレスを入力する画面になります。ここに大学から配布されているメールアドレス(ドメインがac.jpで終わるメールアドレス)を入力します。このメールアドレスに確認リンクのメールアドレスが送られます。メールを受信できない場合は、そのメールアドレスからメールを送信して確認する方法も用意されているので、万が一受信できない場合でも心配はありません。

大学のメールアドレスにこのようなメールが届きますので、学生ステータスの確認をクリックします。これで完了です。

この画面になれば完了です。続けるをクリック。

iTunesで開きますねというウィンドウが出るので開きます。

「学生メンバーシップを開始」をクリックします。

サインインして「購入する」をクリックすると月額480円でApple Music生活スタートです!

最後に

Apple Music契約したけど、何聴こうかな。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)