Sponsored

Jawbone UP2を買って睡眠機能をメインに使い始めた

Jawbone UP2を買って睡眠機能をメインに使い始めた

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

Amazonのタイムセールを見ていたら、JawboneのUP2が71%OFFになっていたので思わず買ってしまいました。

UP2は昨年9月ごろのアップデートで睡眠の自動検出機能が搭載されたようで、アプリでわざわざ寝るときにアラームを設定して…などの手間を省けるんじゃないかという期待を抱きました。初めは本当にそれだけのために購入しました。

jawbone_up2_box

期待通りになった

思った通り、睡眠の分析とアラーム設定が非常に楽になりました。アラーム設定に関しては一度アプリから設定する(Smart Alarm)と設定した周期に合わせて+そのときの睡眠状態に合わせてスマートにアラームが鳴ります。

up_smart_alarm

Smart Alarmには最大で別のアラーム設定を4つ構成することができます。平日は朝6時、土日はゆっくり8時起床などの設定が可能です。私はちょっと工夫して電車の中での睡眠用(到着5分前設定)のアラームも用意しています。これが割と便利で重宝しています。

睡眠の状態が把握しやすくなった。

上で自動的に睡眠状態がとれるため手間が省けると言いました。自動的に睡眠状態を認識するため、設定せずに寝てしまってもしっかりと睡眠の記録が残ります。そのおかげでいつ自分が寝ていたのかなども把握しやすくなった上、どのような睡眠状態だったかも分かりやすくなりました。

up_sleep_stats

とんでもない時間帯に寝ている記録ですが、知らぬ間に寝ていたという場合でもこのようにしっかりと記録が残ります。この記録の場合、6時間近くが浅い眠りであることなどが分かります。入眠がN/Aとなっていますが、これは自動認識でも取れるときもあるし、しっかりと残したいのであれば

up_sleep_features

「睡眠開始」をタップしてから睡眠に入るとそこから睡眠に入った時間が自動的に計算されて入眠時間も記録されます。この手間さえ惜しまなければ入眠時間も残すことができますね。

最後に

この投稿では、UP2の睡眠機能をお伝えしましたが、アクティブトラッカーのため、歩数なども当然記録できます。私は睡眠の記録を取りたい、アラーム設定が面倒という理由からスマートアラームのためにUP2を買ったようなものなので、メインである歩数・運動機能は現在もおまけ程度にしか使っていません。そういった機能もメインで使い始めたらぜひとも投稿にしたいと思います。

とにかくアクティブトラッカーは便利です。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 前回記事にもした通り、私は普段JawboneのUP2を身につけています。睡眠の記録や歩数を測るために利用しているのですが、あくまで単なるアクティブトラッカーなので時刻チェックや通知機能などはありません。あと心拍センサーも。 […]

コメントする

*
*
* (公開されません)