Sponsored

Blizzard公式ショップ「Blizzard Gear」で注文してみた!

Blizzard公式ショップ「Blizzard Gear」で注文してみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

Overwatch関連のグッズが前々からとても気になっていたので、今回「Blizzard Gear」で注文してみました。

3・4ヶ月ほど前から日本でも正式にグッズ販売を始めたショップがあるようですが、今回は個人輸入で公式から購入してみました。理由として

  • 日本で展開されている公式公認ショップでは値段が倍近いほどの差があること。
  • 海外直販を使ってみたかった。
  • お布施。

これらが挙げられます。

 

日本円での支払い(購入時116円換算)で5800円 (Overwatch Logo Hoodie – Men’s – Men’s – Apparel & Accessories – Overwatch) およそ1.7倍の9800円 (左腕ロゴタイプ、左胸ロゴマークが冴える、裏起毛ジップアップパーカー(メンズ) | OVERWATCH-SHOP.JP)

この比較を見てもらえれば分かるとおり、公認ショップではおよそ倍近いレベルの値段であることが分かります。Blizzard Gearでは送料(日本円で1505円)を含めたとしても7305円なので全然割安です。なお、公認ショップでは5000円以上は送料無料です。見てみたところ、公認ショップの価格は全体的に平均1.5~2倍ほどの価格で販売されています。
これなら送料が掛かっても全然安いので「Blizzard Gear」で買うことにしました。公式にお布施もできました!

実際に買ってみた

間単にですが、流れを書いてみたいと思います。

Battle.netのアカウントが必要

Blizzard Gearの利用には、Battle.netのアカウントが必要です。私はBlizzardのゲームをしているので既に持っていますが、まだ持っていない場合は作成する必要があります。今回は割愛しますが、非常に簡単ですので持っておくことをオススメします。

ほしい物をカートにどーん!

欲しいって思った商品をどんどんカートに入れていきます。今回はロゴパーカーを色違い1着ずつ購入してみました。

この時点で送料が若干上がります。前述した送料は1着分での送料です。2着で17.54ドル(日本円で2034円)になります。

「Proceed to Checkout」をクリックすると注文処理のスタートです。

請求先住所を入力

ステップ1として「請求先住所」の入力をおこないます。

経験者の方などは分かるかもしれませんが、注意点として、今回は海外からの荷物と発送なので住所などの入力をローマ字、国際表記で行う必要があります。日本は「都道府県市町村区番地アパート名」などと続きますが、国際表記ではこれを逆に書いていきます。加えて最後に「日本」がつきますね。

私の住所がバレてしまうので書けませんが、例として「東京都千代田区XXX-X」の場合、「XXX-X, Chiyoda ward, Tokyo, Japan」と記載すれば問題ないでしょう。

加えて、電話番号の先頭の0を消して「+81」にする必要があります。

入力ができたら、「Ship to this address(この住所に配送)」か「Ship to different address(違う住所に配送)」のいずれかを選択。

完了したら、「Continue」をクリック。

配送方法を選択

次に配送方法を選択します。

今回は米国外配送なので「国際郵便小包」となります。送料を確認し、「Continue」をクリック。

支払い方法を選択

支払い方法を選択します。「PayPal」か「セキュアペイメントを利用したクレジットカード払い」が選択できます。手軽に今回は「PayPal」で支払いをしてみます。

支払い方法を選択し、「Continue」をクリック。

「同意して続行」をクリック。

注文内容を再確認

支払い完了後、最後に注文の確認画面が表示されます。(支払後に出るのか…)

配送先住所を入力します。

「Update Order Data」をクリックして注文情報を更新すると「Place Order」をクリックできるようになり、注文を確定できるようになります。

この画面が表示されたら注文は完了です。

後ほどメールにも注文の確認メールなどが届きます。

あとは届くのを待つのみなのだが…

これであとは発送され日本に到着して配達されるのを待つだけなのですが、これがまためちゃめちゃ早かった。「2週間ぐらい待ってれば届くかな」程度に待とうと思っていたのですが、なんと2日ほどで自宅に到着。

配達の際に実は不在票を入れられてしまった後だったのですが、ちょうどすれ違いで自宅に戻ってきたことに気づいてくれたFedExの優しいお兄さんがそのまますぐに配達に来てくれました。FedExのお兄さんの気の利かせ方に驚きです!

最後に

Overwatchグッズを買うなら断然、公式ショップ「Blizzard Gear」一択ではないかと!

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)