Sponsored

PCを手軽にクラウドゲーミングマシンに!「Parsec」を試してみた!

PCを手軽にクラウドゲーミングマシンに!「Parsec」を試してみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

最近、「GeForce NOW for Mac or PC」や「LiquidSky」などのようなクラウドゲーミングサービスが話題となっていますね。料金を支払うだけでそこそこあるいは最新のスペックのゲーミングマシンが手に入るため、実機を買うよりも安上がりになったりします。またいつでもどこからでもゲームをプレイすることが可能です。自宅にハイスペックなゲーミングマシンがあればそういったサービスは必要ないと思いますが、別のマシンからゲームをしたくなった場合等はどうすれば良いでしょうか。


既にValveのSteamの機能の一つである「Steam ホームストリーミング」、NVIDIAの「NVIDIA GameStream(専用端末のみ)」が存在します。「NVIDIA GameStream」は専用端末が必要ですが、「Steam ホームストリーミング」はなかなか便利でSteamがインストールされているPCと同一のネットワークに存在すれば簡単にゲームをストリーミングプレイできます。

そんな中、新しいサービスがまた一つ増えたようです。それが今回ご紹介する「Parsec」。

先日メールを確認していたら、「Paperspace」からのメールが来ていることに気がつきました。

「Parsec」というサービスと「Paperspace」が組み合わさることで、最強のクラウドゲーミングが実現するらしい内容のメール。「Paperspace」でのゲームは数ヶ月前に出したのでよろしければそちらも併せてお読み頂けると嬉しいです!

Parsecとは?

Steamの「Steam ホームストリーミング」などと似たサービスです。ハイスペックなマシンにサーバソフトウェアをインストールし、ノートPCなどのゲームが難しいマシンにクライアントソフトウェアをインストールして利用します。

Parsecの特徴は、その他のサービスと同様で

  • 超低遅延
  • 60fps
  • 最大1080p解像度でのストリーミング
  • 無料

となっています。超低遅延は、「Parsec」が構築した技術によって実現されているようです。

他のサービスとは違う点として、「Parsec」は友人とPCを共有して友達に遊んでもらうということもできるようになっています。

詳しくはParsecの技術説明ページに記載されています。

英語ですが、気になる方は読んでみると良いかもしれません。

クラウドゲーミングにおいて一番に重要となるのが、やはり「いかに遅延をなくしてゲームができるか」でしょう。「Parsec」は本当に遅延を一番に考えて開発されていることがこのページから伝わってきます。

価格は無料。これは大きい。自分のマシンを使うためというのもありますが、やはり無料というのは嬉しいですよね。

用意するもの

  • ゲームがある程度快適にプレイできるPC(ホスト用)
    • ハードウェアエンコードというものを利用してゲームの映像を処理してクライアントに送信するので、NVIDIAのGPUであれば「GTX 6XX(Kepler)」以降、IntelのGPUであればHD Graphics、AMDのGPUであれば2012年以降にリリースされたものが必要。OSはWindows 8.1以降である必要がある。
  • インターネット回線
    • 有線あるいは無線。無線であれば5GHzのWi-Fiが推奨。
  • ゲームをプレイしたいPC
    • HD映像などを再生できる環境であればプレイ可能と思われる。OSはWindows 7以降、またはMac OSX 10.9以降である必要がある。Macの場合は2012年以降にリリースされたタイプが良いらしい。

実際に使ってみた

アカウント作成とホストを準備

まずは「Parsec」の公式サイトにアクセスします。

右上の「Get Started」をクリックします。

アカウント作成ページが出るので上から”名前”、”メールアドレス”、”パスワード”を入力。利用規約に同意して「Sign Up」をクリック。

他のデバイスからアクセスするためにParsecのクライアントアプリをダウンロードする必要があるのでメールでリンクを通知するようにするか、後から自分でダウンロードを行います。

「Go to control panel」をクリックするとコントロールパネルに移動します。

downloadsページに移動してホストアプリをダウンロードしてインストールします。

インストール後、ホストアプリを起動させます。

先ほど作成したアカウントを入力して「Secure Log In」をクリック。

このようなプロンプトウィンドウが出てきます。これで準備は完了です。

クライアントを準備する

今回、クライアントはmac OSで試してみます。

先ほどのdownloadsページからOSにあったクライアントアプリをダウンロードします。

インストールして起動すると、ログインウィンドウが表示されるのでログインします。

先ほどのホストマシンが見つかるので「Connect」をクリック。接続されます。

遊ぶだけ

これで準備は完了です。ゲームを思う存分楽しみましょう!

使ってみた感想として

  • 本当に遅延が少ない。もしかしたら「Steam ホームストリーミング」以上にないかも。
  • ホストマシンの音声はミュートにならない。
  • デスクトップの映像と音声が全てキャプチャされるのでゲーム以外の用途にも使える。
  • 回線速度に合わせて画質調整が行われるため、映像が停止したりすることなく常に快適にゲームをプレイできる。

以上です。

今のところ分かっていることなど

今のところ発見されている、公式が対応中であるバグやその他いろいろは

  • 音声がハウる
    • 音声通話ソフトウェアなどを利用しながらストリーミングすると音声が二重に聞こえてハウる現象があるようです。公式が解決に向けて取り組んでいるようです。
  • ゲームは”ボーダーレス”あるいは”ウィンドウなしフルスクリーン”などでプレイしなければならない。
    • 解像度の変更などの処理の途中で詰まることがあるため、極力ボーダーレスや疑似フルスクなどでプレイが推奨されているようです。

今後に期待だけどもしかしたら一番いいかも

Steam ホームストリーミングなどで今まで遊んでいましたが、あちらはSteamにあるライブラリなどでしか快適にストリーミングができません。その他のクライアントのゲームなどはちょっと複雑な追加を行ってプレイなどで対処しなければいけませんでしたが、「Parsec」はそのような事は必要ありません。今回は試していませんが、友人を招待してゲームをプレイしてもらうなんてことも可能です。そちらは今後試してみたいと思います。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)