PCを手軽にクラウドゲーミングマシンに!ローカル対戦もできるParsecを試してみた!

PCを手軽にクラウドゲーミングマシンに!ローカル対戦もできるParsecを試してみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

最近、GeForce NOW for Mac or PCLiquidSkyなどのようなクラウドゲーミングサービスが話題となっていますね。料金を支払うだけでそこそこあるいは最新のスペックのゲーミングマシンが手に入るため、実機を買うよりも安上がりになったりします。またいつでもどこからでもゲームをプレイすることが可能です。自宅にハイスペックなゲーミングマシンがあればそういったサービスは必要ないと思いますが、別のマシンからゲームをしたくなった場合等はどうすれば良いでしょうか。


既にValveのSteamの機能の一つであるSteam ホームストリーミングを筆頭にたくさんのサービスやアプリが存在します。Steam ホームストリーミングはなかなか便利でSteamがインストールされているPCと同一のネットワークに存在すれば簡単にゲームをストリーミングプレイできます。

そんな中、新しいサービスがまた一つ増えたようです。それが今回ご紹介する「Parsec」。

先日メールを確認していたら、Paperspaceからのメールが来ていることに気がつきました。

ParsecというサービスとPaperspaceが組み合わさることで、最強のクラウドゲーミングが実現するらしい内容のメール。Paperspaceでのゲームは数ヶ月前に出したのでよろしければそちらも併せてお読み頂けると嬉しいです!

Parsecとは?

SteamのSteam ホームストリーミングなどと似たサービスです。ハイスペックなマシンにサーバソフトウェアをインストールし、ノートPCなどのゲームが難しいマシンにクライアントソフトウェアをインストールして利用します。

Parsecの特徴は、その他のサービスと同様で

  • 超低遅延
  • 60fps
  • 最大1080p解像度でのストリーミング
  • ローカル対戦などに使えるパーティー機能がある
  • VPNの設定が不要
  • 無料

となっています。超低遅延は、Parsecが構築した技術によって実現されているようです。

他のサービスとは違う点として、Parsecは友人とPCを共有して友達に遊んでもらうということもできるうえ、ローカル対戦ができるようになっています。

価格は無料。これは大きい。自分のマシンを使うためというのもありますが、やはり無料というのは嬉しいですよね。

用意するもの

  • ゲームがある程度快適にプレイできるPC(ホスト用)
    • ハードウェアエンコードというものを利用してゲームの映像を処理してクライアントに送信するので、NVIDIAのGPUであればGTX 6XX(Kepler)以降、IntelのGPUであればHD Graphics、AMDのGPUであれば2012年以降にリリースされたものが必要。OSはWindows 8.1以降である必要がある。
  • インターネット回線
    • 有線あるいは無線。無線であれば5GHzのWi-Fiが推奨。
  • ゲームをプレイしたいPC
    • HD映像などを再生できる環境であればプレイ可能と思われる。OSはWindows 7以降、またはMac OSX 10.9以降である必要がある。Macの場合は2012年以降にリリースされたタイプが良いらしい。
  • コントローラー
    • ローカル対戦をするならあるといいかもしれません。

実際に使ってみた

アカウント作成とホストを準備

まずはParsecの公式サイトにアクセスします。

「DOWNLOAD FOR ○○」をクリックします。ご使用のOSによって○○は変化します。

ダウンロードしたファイルを実行すると自動的にインストールが始まります。

途中で、コントローラーのサポートを有効にするかどうかを聞いてきますので、使う方は「はい」をクリック。

ローカル対戦のためにParsecを使おうと思っている方は迷わず「はい」。

Parsecを立ち上げるとログイン画面が表示されます。

アカウントをお持ちでない方は、右下にある「Sign up」をクリックします。

ユーザー名を入力します。

このユーザー名は後で変更が可能です。

メールアドレスとパスワードを入力したら「Sign Up」をクリック。

アカウントが作成されます。

これがParsecのメイン画面です。

今お使いのコンピューターをホストにするには、「Enable Hosting」をクリック。

サイドバー「MY COMPUTER」が表示され、お使いのコンピューター名が表示されたらホストの設定は完了です。

パーティーを作ってローカル対戦をするには

ここ数年で追加された「パーティー」という機能を使って、ローカル対戦ができるまでにする方法を追加で書かせて頂きます。記事初出時にはありませんでしたが、これを目的にParsecを使う方が増えている事が分かったので参考になれば幸いです。

 

サイドバーに「YOUR PARTY」があると思います。

「Create a Party」をクリックしてパーティーを作成します。

これがパーティー作成画面です。

上からの翻訳を記載しておきます。

  • パーティー名
    • ユーザーがあなたのパーティーで一番初めにみるものです。キャッチーなタイトルをつけよう!
  • プライベートパーティー
    • 検索結果からこのパーティーを隠します。プライベートパーティーは、リンクからのみ参加や閲覧ができます。
  • 入力機器を要求
    • パーティーメンバーが使うのは、コントローラー、キーボードまたはマウスなのかを表示します。
  • バッジ
    • パーティーを識別するグラフィックです。
  • 承認するアプリ
    • コンピューターの不正使用を保護するため、他のプレーヤーが使用可能なアプリを最低1つ選択してください。これ以外のアプリは全て他のプレーヤーからの操作が不能になります。

注意: Parsecは、差別、嫌がらせおよび虐待に対するゼロトレランス政策を掲げています。パーティー内での違反は、アカウントの削除などの結果を招くことになります。親切にね!

注意していただきたいのが、”承認するアプリ”は他のプレーヤーの操作範囲を承認アプリのみに限定するためであって、アプリの表示もされないわけではありません。ホストプレーヤーがそのアプリを操作するとその内容が他のプレーヤーにも表示されてしまいます。ご注意ください(経験談)

設定完了後「Create Party」をクリックすると、パーティーが作成されます。

これがパーティーの画面です。

パーティーの可視性や地域などの設定はこの画面上で簡単に変えられます。他の設定は「Edit」から可能です。その横の「Disband」でパーティーを退出・解散できます。

テキストチャットなども可能のようですね。

プライベートパーティーに設定した場合は右上に表示されているリンクをフレンドに送ることで参加してもらうことができます。

パーティーを探すには

上部の「PARTY FINDER」から探すことができます。

気の合いそうなパーティーを見つけるのも面白そうですね!

遊ぶだけ

これで準備は完了です。ゲームを思う存分楽しみましょう!

使ってみた感想として

  • 本当に遅延が少ない。もしかしたらSteam ホームストリーミング以上にないかも。
  • デスクトップの映像と音声が全てキャプチャされるのでゲーム以外の用途にも使える。
  • 離れたプレーヤーと複数コントローラーサポートゲームなどを一緒にプレイできる。
  • 回線速度に合わせて画質調整が行われるため、映像が停止したりすることなく常に快適にゲームをプレイできる。

以上です。

今のところ分かっていることなど

今のところ発見されている、公式が対応中であるバグやその他いろいろは

  • ゲームは”ボーダーレス”あるいは”ウィンドウなしフルスクリーン”などでプレイしなければならない。
    • 解像度の変更などの処理の途中で詰まることがあるため、極力ボーダーレスや疑似フルスクなどでプレイが推奨されているようです。

もしかしたら一番いいかも

Steam ホームストリーミングで今まで遊んでいましたが、Steamにあるライブラリなどでしか快適にストリーミングができません。その他のクライアントのゲームなどはちょっと複雑な追加を行ってプレイなどで対処しなければいけませんでしたが、Parsecはそのような事は必要ありません。

(フレンドにちょっと遊んでもらってからオススメしたい…)などの時にも使えると思います。

最近のParsecは、ローカル対戦にも力を入れていることが分かったのでそういった目的にはParsec一択ですね。

fusen
「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。
歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)