Sponsored

テザリングの時の強い味方!macOS・Windowsアプリ「TripMode 2」を使ってみた。

テザリングの時の強い味方!macOS・Windowsアプリ「TripMode 2」を使ってみた。

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

皆さんはテザリングで手持ちのデバイスをネットに接続したことはありますか?

テザリングは便利で良いものの、データ通信量ぎりぎりになってしまったり、ひどいときには使い切ってしまったこととかありませんか?私は1度だけその経験があります…。苦い思い出です。

そんな辛い経験をしないようにしてくれるアプリが今回紹介する「TripMode」です!

一度使ってしまうと、このアプリなしではWindows・macOSでテザリングが使えなくなってしまうほど…!

今回はそんなアプリを紹介してみたいと思います。

TripMode 2とは?

モバイルホットスポットやテザリングで接続している際に、インターネット通信をさせたくないアプリを簡単にブロックできるアプリです。データ通信量の節約だけでなく、お金の節約にもなります。

日本はデータ通信は定額が多いですが、海外などでは定額も普及はしてきたものの、従量制もそこそこ多いようで、こういったアプリは非常に重宝されているようです。

今回紹介するのはmacOS版ですが、しっかりとWindows版も存在するのでWindows PCをお使いの方でも安心です!

何がすごい?

「TripMode」は、自宅のWi-Fiか、テザリングかなどの接続先を判断して自動的にデータ通信量の削減を行ってくれます。

データ通信量をトラッキングしてくれるので、日ごと、週ごと、月ごと別にデータ通信量を大量に消費しているアプリなどを確認することが可能です。

また、通信制限に引っかからないように、あらかじめ自分でデータ通信量の制限を掛けることもできます。(macOS版のみ)

ものは試し!

「TripMode」は公式サイトにて体験版が用意されています。インストールしたその日から7日間制限なくフルに利用できます。使ってみてよさげだったら製品版を購入という流れですね。なお、当ブログでも過去に紹介したことのある「SetApp」利用者であれば、対象アプリのようなので無料で利用できるようです。

「SetApp」については以下の記事をお読みください!

それでは早速、公式からダウンロードしていきます。

TripMode公式サイトの「Download Free Trial」から体験版をダウンロード。

ダウンロードが始まります。

アプリを指定通り、右のフォルダにドラッグ。

起動させると、初期設定が始まります。

新機能の紹介などなど。

 

使用許諾同意書をよく読み

 

プライバシーポリシーも読んで、最後に同意します。

TripModeは「カーネル拡張」という機能を利用するので、その拡張機能のインストールのために認証を要求されます。

パスワードを入力します。

ネットワークカーネル拡張機能がインストールされます。

設定完了です!チェックマークを入れておくと、Macの起動時に自動的にTripModeが立ち上がり、同時に有効になります。

実際に使ってみる

インストール直後のトップバーから開ける画面です。まだ特に設定を行っていないため、何も表示されていませんが

さっそくテザリングでWi-Fiに接続してみると…

TripModeが有効になった通知が表示されました!

Switch Profilesを「Automatically(自動的に)」にしておくと、Wi-Fi毎に自動的にプロファイルを作成してくれます。プロファイル毎にデータ通信量の制限や許可するアプリなどを細かく設定することもできます。

もちろん、Bluetooth時のテザリングでも問題なく利用できます。Wi-FiよりBluetooth派!という方も安心ですね。

このようにどのアプリケーションがどれだけデータ通信をしているかを可視化させることができる上、アプリの通信を制限したりすることができます。

アプリ毎に通信できるデータ通信量の制限などはできないようなので、それができたら最高なんですけどね。

最後に

フリーWi-Fiがそこそこ増えてきた中でも、テザリングはまだまだ必須です。ポケットWi-Fiなどのようなある程度自由度の高い通信デバイスであればまだ良いですが、テザリングは携帯のデータ通信を使うため7GB、10GB、20GBと通信できるデータ量が決まっています。

特にWi-Fiで接続すると、PC側が通常のWi-Fiと同様の挙動をして自動更新などのような思わぬ通信が起きてしまうことが多々ありますので、「TripMode」のようなアプリは必需品かもしれませんね。

公式FAQ

最後に、公式サイトで公開されているFAQの日本語訳を置いておきます。

Q1. どうやってTripModeはデータ通信量を節約するのですか?

TripModeがONになっている際に、全てのアプリのインターネット通信を遮断しますが、あなた自身がホワイトリストに追加したアプリの通信は許可します。遮断される通信には通常、自動更新やオンラインバックアップ、写真の同期やその他貴重なデータ通信量を消費する不明なアプリが含まれます。ダウンロードだけでなく、アップロードもブロックされます。

Q2. TripMode for MacとPC/Windows版の両方を割引価格で入手できますか?

はいもちろん!私たちはセット版を15.98ドルから2ドルほど安い13.99ドルでご提供いたします!

Q3. TripModeはどんなWi-Fiでも、3G/4Gのアダプターでも使用できますか?

はい。トップバーよりTripModeをONにするだけです。TripModeはネットワークに接続する度に有効にする必要があります。

Q4. なぜTripModeはMac App Storeには存在しないのでしょうか?

TripModeは、アプリのインターネット通信を遮断するために、macOSの「カーネル拡張」という機能を利用しています。これはMacでネットワークのトラフィックを管理するAppleにより承認されている方法ですが、Mac App StoreにおけるAppleのガイドラインでは、現時点でカーネル拡張機能を利用したアプリの公開は許可されていません。そのため、Mac App Store外でのアプリの配信を行う必要があるのです。お客様のシステムとお支払いは安全ですのでご安心ください。私たちは、アプリを徹底的にテストしており、最先端のペイメントソリューションプロバイダーを利用しております。

Q5. ブラウジングデータのトラッキングを行っていますか?

いいえ、私たちはより良い最適化を行うためだけにアプリのトラフィック量を記録しています。それだけです。アクセスしたサイトのタイプ、転送したコンテンツなどの情報は記録していません。私たちはお客様のプライバシーを真剣に考えております。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)