Sponsored

【iPhone 8・X対応】Belkin BOOST↑UP Qi ワイヤレス充電パッドを買ってみた!

【iPhone 8・X対応】Belkin BOOST↑UP Qi ワイヤレス充電パッドを買ってみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

特に記事にはしていないんですが、数日前にスマホを「iPhone 8 Plus」に機種変更しました。

iPhone 6 Plusからの乗り換えという事で3世代ぐらい違う性能と進化に驚きつつ、不便なこともでてきました。

それが、イヤフォンを使いながらの充電です。iPhone 7からイヤフォン端子が廃止となってしまい、これまでのイヤフォンを利用するにはLightning端子を使わなくてはいけなくなりました。無論、ワイヤレスのAirPodsを持ってはいますが、AirPodsは出先でしか使わないようにしているので、結局充電をする状況になる自宅ではイヤフォンでLightning端子が埋まってしまいます。

そこで、iPhone 8から対応した「ワイヤレス充電」でイヤフォンを使用しながら充電ができるようにしようと思い、Qi対応のワイヤレス充電パッドを購入してみた次第でございます!

商品はこれ!

今回購入したBelkinの充電パッドは、Appleが公式販売しているタイプの下位版となります。

主な違いは、充電の電力が公式販売品が7.5Wに対して、今回の商品は5Wとなっています。

それ以外に本体カラーが違う、公式販売品にはACアダプターが付属している以外は特に変わりません。

 

それでは開封していきます!

これがパッケージ表です。商品の画像とQiのロゴが目立ちます。

Belkinロゴ。

iPhone 8/8 PlusやiPhone Xの表記がしっかりされています。

Qiに最適化された充電パッドのようなので、目立つようにQiのロゴが!

裏には製品の使い方らしき説明が載っています。

それでは、開けていきます!

どうでもいいですが、上下共に開封ができるタイプの梱包はどちらで開けようか迷います。

中身を取り出すとなにやら緑のフタが…。

正しい充電の仕方やLEDの意味が載っています。

内容物は

  • Qiワイヤレス充電パッド
  • 6ft/1.8mのマイクロUSBケーブル

となっています。

本体!

本体をみていきます!

こちらが本体。充電部とBelkinロゴ、LEDだけのシンプル構成。

非常に薄いです。

手のひらサイズ。

充電していく!

それではさっそく使ってみようとおもいます。

今回はケース(Spigen ウルトラ・ハイブリッド2 クリスタルクリア)を付けた状態で充電に挑みます!ケースの説明にQi充電対応ということなので大丈夫のはずですが…。

現在のバッテリー残量は65%です。ここから100%までどのぐらいかかるかをストップウォッチで時間を計測させたままで試してみようと思います。

iPhone 8 Plusを近づけ…。

置きます!

無事に充電が始まりました!

充電中はLEDが緑点滅します。充電が完了すると、これが点灯に変わります。本体の画面を見なくとも充電状況が分かるのは良いですね。

65%→100%(フル充電ではない)までにかかった時間は…?

1時間39分となりました!結構かかりますね。どうやら急速充電は年内に提供されるアップデートでできるようになるらしいので、それまではこれをメインの充電手段に使うことはないと思います。

 

ということで今回着けているケースでスピードなども問題なく充電が可能であることが分かりました。

最後に

あぁ!この形でも使えなくはないですね!!

さすがにしないですけど。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)