Sponsored

iPhoneのバッテリーが劣化すると動作が遅くなる…?本当かどうかバッテリー交換で調べてみた。

iPhoneのバッテリーが劣化すると動作が遅くなる…?本当かどうかバッテリー交換で調べてみた。

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

最近巷で噂されている「iPhoneのバッテリーが劣化してくると動作が遅くなる?」という話。一昨日18日には、これをさらに裏付けるデータがベンチマークソフトウェアで有名なGeekBenchが発表しています。

データの端末はiPhone 6sとiPhone 7ですが、iOS 10.2ではベンチマークのスコアのほとんどが同一の数値であるにもかかわらず、iOS 10.2.1からスコアにバラツキが見られ始めたとのこと。

iOS 10.2.1から、バッテリーの劣化率でピーク時のCPUの周波数などを下げる機能が搭載されるようになったのではないか?と考えられているようで、これは、一時期騒がれたiPhone 6sが突然シャットダウンするという問題に対処する方法として搭載された機能ではないかと言われています。

さて、この噂は果たして本当なのか?

iOS 11にしてからやけに激重なiPhone 6 Plusを使い、バッテリー交換を含めて検証してみました。

愛用していたiPhone 6 Plusで性能をチェック

以前までずっと使っていたiPhone 6 Plusを使って検証してみることにしました。スクリーンショットを取り忘れてしまっていましたが、この端末のバッテリーのデザインキャパシティは89%になっていました。2017年の1月末頃に本体交換をしたばかりの端末でしたが、11%も劣化しています。さすがに早い気がしなくもないですが、使い方かな…。

まずは、交換する前の「GeekBenchのスコア」がこちら。

Single-Core Score 801
Multi-Core Score 1382

この数字が良いか悪いか。

次に、同じデバイスの他のスコアを見てみます。

Single-Core Score 1554
Multi-Core Score 2656

なんと半分程度の性能しか出ていないことが分かります。これは噂も本当か…?

いやでもまだわかりません。これはバッテリーを交換してみなければ真偽は分かりません!(交換しても分かるのか?)

それではさっそく、手元のデバイスのバッテリーを交換してみましょう!

交換キットを買った!

さっそく、交換キットを注文。

今回購入したのは「DIGIFORCE バッテリー交換 PSE 説明書・工具付 for iP 6 Plus」という商品。

何でもいり。初めて交換する方のための初心者キットとも言えます。

交換に必要なバッテリーから工具、さらには取扱説明書までてんこ盛りのセットです。コレさえ買えば、他に必要な部品などなく交換が可能です。

このようなマグネットシートが入っています。これにネジをくっつけて紛失を防いでねという意図があるようです。

取扱説明書は、豪華フルカラー!見やすくて分かりやすくていいですね。

機械音痴な私、風船でも交換できるのか!やってみましょう!

次ページ実際に交換をしてみる

おすすめ記事



コメントする

*
*
* (公開されません)