Sponsored

「ここリモ」と相性抜群?「Amazon Echo Plus」と連携してみた!

「ここリモ」と相性抜群?「Amazon Echo Plus」と連携してみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

これまで2回にわたり、「ここリモ」に関する記事を投稿してきました。

今回、「ここリモ」をさらに便利に使えるはずの「Amazon Echo Plus」を買ってみました!

連携の方法と実際に使ってみた感想を書いてみたいと思います!

ちなみにですが、Amazon Echo Plus自体のレビューは後ほどします!

まずは「ここリモ」のスキルを有効化する

Amazon Echoの中枢ともいえる「Alexa」は、スキルと呼ばれるもので使える機能が増えていきます。

「ここリモ」も、スキルとしてAmazonのアプリストアに存在するのでこれを有効にします。

連携する上での注意

ちなみに、スキルを有効化する際にカテエネIDが必須になります。

カテエネ商店以外で購入し「ログインせずに利用」で使っている方はこのIDを作っていないと思うので、この時点でアカウントを用意する必要があります。

スキル検索ページで「ここリモ」と入れると出てきます。

「有効にする」ボタンを押すと、リンク作業が始まります。

カテエネのログインページが表示されます。IDとパスワードを入力して「連携する」をタップ。

無事に連携が完了しました。

連携完了後、「デバイスの検出」をおこなうように促されるので指示に従います。

以下が検出作業中の画面です。

これが連携完了後の画面です。

今回、ここリモは2台登録されているのですが、2台同時に動き出しても怖いのでAmazon Echoがない部屋の1台はアプリから登録を削除しました。

既にこの段階で、「アレクサ、エアコンをつけて/消して」などと言うだけで家電を操作できるようになっています。

一連の作業を「定型アクション」で簡略化しよう!

既にこの段階でも便利に使えるのですが、「アレクサ、電気つけて/消して」などで全部まとめて点消灯させたり、「アレクサ、いってきます」などでエアコンや電気を全て消せるようにしたほうが便利ですよね。その設定を行いました。

メニュー内の「定型アクション」をタップ。

定型アクションの作成画面が表示されるので、右上の+マークをタップ。

まず派実行条件を設定します。

今回は開始フレーズで設定しました。

「アレクサ、電気をつけて」で部屋の電気を全て消せるようにします。

次にアクションを追加します。

ここリモから追加された家電たちは「スマートホーム」に存在するのでそれをタップ。

今回、Echoを買った際に付いてきたPhilips Hueは「ダウンライト」に設定してあります。

ここリモの「照明」とPhilips Hueの「ダウンライト」を追加します。

「追加」をタップ。

2つとも追加できました。

同様に、消すアクションも作ってみました。

これで部屋にある「照明」と「ダウンライト」を一度に操作できることがわかり、めっちゃ快適になりました。

家電をまとめて操作するアクションを作ってみるも問題発生

せっかくなので、外出するときと帰宅した際の照明以外の家電もまとめて操作できるアクションも作ってみました。

無事に動作するはずでしたが、がうまく動作しませんでした。

何が、なんでダメ?

どちらのアクションでもダウンライトはうまく点灯・消灯するのですが「ここリモに登録してある照明だけ・エアコンだけがつく・消える」という謎現象が起きました。

いろいろいじっているうちに、ここリモの動作が連続で起こるアクションの配置をするとダメという事が分かりました。

つまり

  1. Alexaによるランダムな挨拶
  2. 「照明」をつける
  3. 「エアコン」をつける
  4. 「ダウンライト」をつける

こんなかんじです。太字がここリモで起こる動作部分。

動作が連続するとなぜダメなのかちょっとよく分かりませんでしたが、次のようにアクションを分散させることで問題なく動作することが分かりました。

解決方法

まずは「照明」をオフにさせ、その次にAlexaにランダムな発言をさせて時間を置き、さらにダウンライトをオフにしたあとで、最後に「エアコン」をオフにします。

これで、ここリモに連続でかつ短時間で信号の送信処理を行わせることがなくなるため、問題なく全ての家電がAlexaから操作できるようになりました。

帰宅時のアクションも同様です。

ここまでしないとうまく動作しないわけですが、是非今後のここリモのアップデートで修正されて欲しいです。

最後に

「Amazon Echo Plus」のおかげで、照明をつけたりするのが一層ラクになりました。布団から出なくとも照明をつけたりエアコンを止めたりできるので物ぐさがさらにはかどりそうです。

現在のところは「Amazon Echo」のみの対応となっていますが、今後は「Google Home」にも対応するらしいので期待大ですね。

ただし、音声での操作は全て「ON/OFF」のみ対応です。温度を上げ下げしたり、明るさを調整したりはできません。

これはAlexaのせいではなく「ここリモ側の問題」です。ただ、似たような製品でも、照明以外はON/OFFのみなどあるみたいなのでなんとも言えませんが…。

あと…

ここリモはiPhoneのウィジェットに対応していただけるとアプリを立ち上げなくともロック画面で家電を操作できるので是非…。

アンケートにご協力をお願いします。

「ウェアラブル型ヘルスケアデバイス」に関するアンケートを行っております。

お時間がある場合のみで結構ですので、よろしければ回答をお願い致します。

ウェアラブル型ヘルスケアデバイスに関するアンケート

おすすめ記事



コメントする

*
*
* (公開されません)