Sponsored

単体でVR体験を!「Oculus Go」を買ってみた!

単体でVR体験を!「Oculus Go」を買ってみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

VR体験を単体で楽しむことができる「Oculus Go」というデバイスを買ってみました。

もっぱら映像体験に使おうと思ってるので、このブログではその辺を主に取り上げていきたいと思います。

まずは、Oculus Goをセットアップしてみました。

Oculus Goについて

Oculus Goとは、他に特別なデバイスを必要とせずにスタンドアロンでVRを楽しめるデバイスです。

一般的にVRを楽しむとしたら、処理を行うデバイス(PCやスマートフォン)が必要となりますが、これにはそれが内蔵されており、これを買うだけで「Go」に対応したあらゆるアプリを楽しむことができます。

ストレージは32GBと64GBが用意されています。

価格

ストレージ 価格
32GB 23800円(税込)
64GB 29800円(税込)

圧倒的低価格なのが魅力の1つです。

スペック

CPUは、Snapdragon 821、メインとなるディスプレイ解像度は2560×1440(WQHD)、バンド部分にヘッドセットが内蔵されており、イヤフォンなしでもサウンドを楽しむことができます。

開封!

それでは開けていきます!

これが外箱。

開けると本体とコントローラーが出てきました。

黒い箱には、メガネ用のスペーサーとUSBケーブルが付属していました。

 

セットアップ

それでは早速セットアップを行っていきます。

アプリをダウンロード

設定を行うことができる「Oculus」というアプリをダウンロードします。

今回は、iPhoneでダウンロードを行いました。

アプリを立ち上げると、ログインかアカウントの作成を求められます。

OculusはFacebook傘下なので、Facebookアカウントでも良いようですが、今回はOculusアカウントを作成して進めます。

下にある「登録する」をタップします。

メールアドレスを入力します。

パスワードを入力します。

Oculusユーザーネームという公開名を入力します。

こちらでは氏名を入力します。後ほどのプライバシー設定にて、こちらの公開範囲はコントロールが可能です。

暗証番号を作成します。

ここまで完了できると、先ほど入力したメールアドレスに認証メールが送信されます。

無事に届いたので、認証を行います。

プライバシー設定を行います。本名や検索機能、アクティビティなどの公開範囲を自分の好きなようにカスタマイズできます。

私はこのようにしました。と言っても周りで「Oculus Go」を持っている方はゼロなので友達がそもそもできそうにないです…。

Oculusをセットアップ

アカウントの認証が完了後、Oculusのセットアップが始まります。

[スタート]をタップすると始まります。

Oculus Goの本体についている電源ボタンを長押しします。

起動すると、音が鳴るのでそれを頼りにします。

そのまま充電ケーブルを挿すように促されるので挿します。

Oculus Goが起動すると、アプリで発見することができます。

まさか近辺で同時にGoを立ち上げている方はいないと思うのでまず間違いなく自分のGoのはずです。

[次へ]をタップします。

ペアリングが始まります。

Wi-Fiネットワークを検索し始めます。

Wi-Fiがリスト表示されます。スマートフォンが接続しているWi-Fiにはその説明が表示されます。

Wi-Fiのパスワードを入力します。

続いてコントローラーのペアリングを行います。

コントローラーに電池を入れておきます。

利き手を選択します。

アプリを購入したりする際に使用する支払い方法を登録します。

今回はスキップしました。

役立つ情報が表示されます。

後で読むこともできるのでこのままスキップします。

安全に関する注意が表示されます。

動画を必ず観てからでないと進みません。

動画視聴後、同意するかどうか表示されますので[同意する]をタップ。これでこの注意動画は、以後表示されなくなります。

ヘッドセットのアップデートが始まります。

アップデート完了後にお知らせしますということで、通知の許可を求められます。

これでセットアップは完了です。

最後に

なぜ今回「Oculus Go」を購入したのかと言うと、とある動画視聴アプリがすごい画期的だったので、それを試したかったからです。

どうもGoogleのDaydreamとGear VRとOculus Goにしか対応していないらしいので、今回、単体で済み、一番敷居が低い「Oculus Go」を購入する事に決めました。

ゲーム等に使うならば、6DoFに対応したVRデバイスが良いらしいのですが、私はもっぱら動画専用にしようと思っているので「Oculus Go」で十分です。

 

そのアプリも含めて次回以降多分記事にすると思います。

アンケートにご協力をお願いします。

「ウェアラブル型ヘルスケアデバイス」に関するアンケートを行っております。

お時間がある場合のみで結構ですので、よろしければ回答をお願い致します。

ウェアラブル型ヘルスケアデバイスに関するアンケート

おすすめ記事



コメントする

*
*
* (公開されません)