Sponsored

Wi-Fi接続のPS3でもnasneを快適に!イーサネットコンバータを買ってみた

Wi-Fi接続のPS3でもnasneを快適に!イーサネットコンバータを買ってみた

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。
つい先日nasneが我が家にやってきたわけですが、Wi-Fi接続のPS3ではnasneの番組を見ようとするとカクカクしたり不安定で見るときにハラハラドキドキします。しかしLANケーブルで接続できる距離ではないことと壁のコンセントにLAN端子などの便利なものはついていないのでどうしてもWi-Fiでつなぐしかないわけです。


ではWi-Fiで接続しているPS3ではなぜまともな再生ができないのでしょうか?

これはPS3が接続できるWi-Fiの規格が古いのが原因です。公式のサポートページにおいても

注意
無線環境でテレビ番組をより快適に見たり録画したりするために、次のことをご確認のうえ接続してください。

  • PlayStation(R) からnasne にアクセスする場合は、PS3R も有線で接続してください。無線で接続していると、映像が途切れたりなめらかに再生できなかったりします。
  • そのほかの機器から nasne にアクセスする場合も、有線で接続することをおすすめします。やむを得ずワイヤレスアクセスポイントなど無線で接続する場合は、IEEE 802.11nなど、より高速な環境でお使いください。

(nasne(ナスネ) のネットワーク接続方法は?(有線/無線) | PlayStation.com)

このように、有線接続を推奨している上、やむを得ずWi-Fi接続する場合も802.11nなどの高速な規格で接続するように推奨しています。ところが、PS3のWi-Fiは 802.11 b/gという一昔前の規格にしか対応していません。(発売年から考えても仕方がないわけで)

ではどうすれば?

そこで登場するのがイーサネットコンバータです。これは有線LAN端子からの接続を無線接続に変えてしまおうというデバイスです。幸いにもPS3のイーサネット端子はギガビットイーサネットに対応しているので、理論上最大1Gbpsの通信が可能です。そのためイーサネットコンバータで無線接続すれば802.11nの理論値の最大300Mbpsを余すことなく利用できます。

というわけでネット上でいろいろ調べて、割と定番になっているらしいBUFFALOの「WLI-UTX-AG300/C」を購入。価格も変動するとはおもいますが3000円前後で手に入るのでおすすめです。

WLI-UTX-AG300/C パッケージ画像(表)

こちらがパッケージです。

WLI-UTX-AG300/C 最大転送速度

802.11nの最大300Mbpsまで対応。2.4GHzと5GHzのどちらかの接続を選べます。

WLI-UTX-AG300/C 対応接続規格

n/a/b/gに対応という豊富さ、BUFFALO製のWi-Fiルータがあれば「AOSS」で、WPS対応ルータならば「WPS」で接続すればボタンワンプッシュでWi-Fiとの接続が完了します。

では早速開けていきます。

WLI-UTX-AG300/C 開梱

WLI-UTX-AG300/C 内容物

付属品は

LANケーブル(ストレート 2m×1本)、フレキシブルUSBケーブル(10cm)、取扱説明書

と必要になりそうなモノだけの超シンプル。

さっそく設定をしていきます。

初期設定

先述したとおり、AOSSやWPSが利用できればボタンワンプッシュで簡単に接続ができますが、私の環境ではAOSSは対応していないしWPSは存在しますが利用していないので全て手動設定です。

ですが、そこまで面倒な設定はなかったので簡単に流れを紹介します。

設定ができるPCにLANケーブルで接続

WLI-UTX-AG300/C 接続図

今回はMacBook Proで初期設定をするのでMacBook ProとLANケーブルで接続。PCのUSBに挿すことで電力が供給され、回線自体はLANを利用するような形です。

ここからMacBook Proの設定を行います。

MacBook Proの設定を今だけ変更

Mac ネットワーク環境設定

Macのネットワーク設定を見てみるとこうなっていると思います。

ここでIPv4の設定のタブをクリックして「手入力」に変更します。

その後以下の設定に変更

IPアドレス:1.1.1.2

サブネットマスク:255.255.255.0

ag300_network_settings_2

接続済みに変わったら設定完了です。

これでイーサネットコンバータの設定画面を開く準備ができました。

親機への接続設定

ブラウザで「192.168.1.1」にアクセスします。

ag300_auth

ユーザー名:admin、パスワード:passwordでログインします。

ag300_settings_1

開いたページにある「エアステーション(親機)へ接続する」を開きます。

SSIDを入力するページが出ますので「検索」をクリック。

ag300_settings_2

見つかったSSIDが表示されるので接続したいSSIDを選択します。

ag300_settings_3

暗号化キーを入力して設定完了です。

ag300_status

トップページのステータスがこのように変化すれば接続完了です。

先ほど変更したPCのLANの設定は戻しておくのを忘れないように!

Wi-Fiで接続したい機器のLAN端子に接続

先ほどでWi-Fiへの接続は完了しました。接続情報は記憶されているので他の機器に接続し直しても同じSSIDのWi-Fiにしっかり接続されます。ここでWi-Fiで接続したい機器のLAN端子に接続します。

私の場合はPS3ですのでPS3と接続後に

ネットワーク設定→インターネット接続設定→かんたん→保存→テスト成功後接続完了

とたどれば成功です。

これでPS3の有線LANからWi-Fiに接続するため内蔵のWi-Fiよりも高速に接続が可能です。

まとめ

これでPS3のネット接続が高速化できました。おかげでnasneの録画番組もWi-Fiなのに非常に快適に視聴することができています。今後はカクカクした映像と格闘しなくて済みそうです。

nasneの番組だけでなくゲームのダウンロードや動画の再生、DLNA機器からのフルHD動画の再生などの普段利用も快適になりますので、PS3をマルチメディアプレイヤーとして使うことがまた増えそうです(^_^)

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)