Sponsored

日々の暮らしをもっと心地よくしてくれる「ここリモ」がやってきた!

日々の暮らしをもっと心地よくしてくれる「ここリモ」がやってきた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

この度、「ここリモモニタープログラム」に当選しまして、レビューさせて頂く機会を頂きました!

今回、一本目の記事としまして、セットアップ編をお送りしたいと思います!

ここリモとは?

中部電力が提供する「カテエネ コネクト」のサービスの1つです。そう、サービスなんです。

カテエネコネクトは、「ちょうどいい未来が、わが家にも。」をコンセプトに、「今日と同じ当たり前の暮らしの先で、
いつの間にかもっともっと過ごしやすくなっている明日。」を目指しているようです。

今回の「ここリモ」はその第一弾ともいえるサービス。販売されているデバイスはあくまで赤外線リモコンで、「ここリモ」自体はサービスのようです。

ここリモには、次の機能があります。

  • エアコンの快眠コントロール
    • 実証実験において得られた情報をもとに、朝までエアコンの設定温度をコントロールしてくれます。
  • 家電の遠隔操作
    • 帰宅した際に部屋が暑い(寒い)といったことへの対応策として、帰宅時間を設定して出先からあらかじめエアコンをつけておいたり、家電をコントロール!防犯対策として、帰宅前に照明をつけておくということも可能です。
  • エアコンの電気代予測
    • あらかじめ情報を登録しておくことで、エアコンをつけっぱなしにしておいた場合と、ON/OFFをした場合の電気代予測をすることができます。ちょっとした外出でどちらが良いかを判断することができます。
  • 家電を音声でコントロール(別途スマートスピーカーが必要)
    • スマートスピーカーの宣伝でよく見かける「テレビ消して!」や「電気つけて!」を行うことができます。ただし、別途スマートスピーカーが必要です。

中でも、「エアコンの快眠コントロール」はここリモの特徴的な機能と言っても良いでしょう。

ここリモが登場する前の実証実験において得られた情報をもとに、快適に睡眠を取ることができるパターンで設定温度をコントロールしてくれます。私はこの機能に惹かれて応募したようなものです。

ここリモは基本的にスマートフォンのアプリから操作します。

iOS版が既にリリースされており、Android版は8月中旬リリース予定となっています。

そんなここリモを今回はセットアップしてみました!

セットアップ!

まずは開封

それでは実際に開封していきます。

今回、なんと2台も提供して頂きました。なので、寝室に1台とリビングに1台設置しました。

箱の裏面には主な機能が記載されています。

外箱を外すと、段ボールが顔を出しました。

中を開けるとこんな感じ。

セット内容は

  • 赤外線リモコン
  • USBケーブル
  • 設定マニュアル

となっています。本体はUSB給電なのですが、USBのACアダプター等は付属していないので注意です。寝室は、USBのチャージャーから供給できるので気にしませんでしたが、リビングはコンセントから供給しなければいけないので少し困りました。結局iPhoneのUSBチャージャーを利用しています。5V1Aのアダプターであれば基本的に問題なく使えるようです。

アプリをインストール!

AppStoreで「ここリモ」と検索し、アプリをダウンロードします。

ダウンロードが終わったら起動します。

利用規約の同意画面が表示されるので、よく読んで「同意する」をタップ。

何の説明もないログイン画面が表示されます。

カテエネWEB商店でここリモを購入する際に会員登録をされた方は、そのログイン情報がここで入力する情報になります。

このアプリからアカウントの作成はできないのですが、「カテエネご利用登録」から会員登録が可能のようです。

何のアカウントなのかの説明がないため、この辺少し分かりづらいですね。これでは、ログインせずに利用をタップしてしまいそうです。

ログインするか、「ログインせずに利用」をタップすると、早速セットアップが始まります。

通電した段階で、既にセットアップ準備が整っていますが、念のため指示に従い本体裏面の「WPS/RESET」ボタンを押しておきます。

ここリモ本体が飛ばすWi-Fiに接続します。

スクショになぜ注釈を入れているのかは後ほどご説明します。

CEPCO~をタップして接続します。

接続後にアプリに戻り、ルーターのSSIDとパスワードを入力します。

注意しなければいけないのが、2.4GHzのWi-Fiのみに対応しているという事。

最近主流になってきた5GHzのWi-Fiには接続できません。

2.4GHzのWi-Fiの情報を入力して「接続する」をタップしたところ…。

なんと設定に失敗してしまいました。

なんでかなぁ…と思いつつマニュアルを読んだところ、設定前に2.4GHz帯のWi-Fiにつないだ状態でセットアップを行わなければいけないとのことで、5GHzから接続を変更してからセットアップを行ったところ、あっさりとセットアップできました。

先ほどのスクショの注釈は、5GHzに接続、自動接続も同様になっていたのを強調したかったのです…。

Wi-Fi接続の際のメモ

  • セットアップを始める前に、2.4GHz帯のWi-Fiに接続しておきましょう。
  • 普段は5GHz帯に接続している場合は、5GHz帯への自動接続設定を解除してから、2.4GHz帯への自動接続設定をしましょう。
  • セットアップ完了後は、5GHz帯に接続を戻しても問題なく動作します。

無事に接続できるとこの画面になり、場所を選ぶ画面になります。

家電情報を登録していく

リモコンを登録していきます。

それぞれの項目から、メーカー等を選択してリモコンを登録していきます。

たくさん用意されているので、お手持ちの家電が動作するリモコンを登録します。

登録を終えると、「リモコン」タブより、実際に操作を行うことができるようになります。

こちらはエアコンのリモコンです。ぱっと見で思ったのが、非常に簡易的なリモコン機能であるということ。

運転モードも冷房か暖房しか選べません。

一定時間経つと、室温の計測も行われて設定温度上部に表示されます。

こちらは「快眠」タブ。

デフォルトはタイマーですが、エアコンの部分をタップすると…

快眠を選べるようになります。この辺非常に分かりづらい…。

快眠モードでは、人気パターンから選ぶこともカスタムで自分の好きなように温度を設定することができます。

電気代の予測機能を設定する

エアコンの電気代予測を設定します。デフォルトのままでは、地域やエアコンの性能等が登録されていないのでうまく機能しません。

初めはどこで設定するのか迷っていたのですが

「設定」タブの「エアコン情報の登録」から行えるようです。

これがタップできるボタンだとは思っていませんでした。UIが分かりづらいよ…。

このように詳細を入力する画面が出てきます。

入力が完了すると、正常に予測機能が動き始めます。

これで、必要な設定が完了しました!

こうして…

Wi-Fi設定で躓きながらも、無事にセットアップが完了しました。

2.4GHz帯につないでいてもセットアップに失敗することもあったりしたのですが、そのときは通電してから少し時間をおいてみるとすんなり行きました。

ちょっと使ってみて…。

我が家は、リモコン式の照明がないため、テレビとエアコンのみを登録していますが、エアコンの場合のリモコンが簡易的すぎて、リビングの多機能すぎるエアコンでは正直使い物にならない感じです。アプリのアップデートでもう少しリモコンの機能が増えれば良い感じですね!寝室の簡易的なエアコンでは大活躍でございます。

また、アプリのUIが壊滅的に分かりづらいです。

単なる文字列がタップできる場所であったり

横にトグルスイッチがあり、値の変更がここをタップしようと思えないところについていたり…。

ちょっとUIが…いえかなりUIが分かりづらいです。こう思うのは私だけでしょうか…。

 

アップデートでこの辺が改善されれば非常に使いやすくなると思います!

以上セットアップ編でした!

より詳しいレビューは、1ヶ月ほど使ってから書きたいと思います!

その間にアップデートがいろいろありますように…。

購入はこちら

ここリモ本体は、カテエネWEB商店 または Amazon.co.jp(Amazonアフィリエイトリンクは使用していません)で購入可能です!

カテエネWEB商店は、2018/07/27現在で、8月中旬入荷予定になっています。

カテエネポイントが2500ポイントプレゼントされるそうなので、実質半額で購入可能のようです。

Amazon.co.jpは、2018/07/27現在で、8月13日入荷予定となっています。カテエネWEB商店と同様ですね。こちらはポイントプレゼント等は行われていないようです。

おすすめ記事



コメントする

*
*
* (公開されません)