Sponsored

お知らせ

詳しく読む

【レビュー】ZNT 衣類スチーマーを使ってみた!

【レビュー】ZNT 衣類スチーマーを使ってみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

今回、ZNT様から提供いただいた「衣類スチーマー」をレビューしたいと思います。

PCやスマートフォンとは縁がないデバイスをレビューするのはもしかしたら初めてかもしれませんね。

今回紹介する衣類スチーマーの特徴は

  • アイロン台不要
  • 立ち上がり90秒だけ、8分連続スチーム
  • 手袋付き
  • 多機能。バイクウエアでも除菌消臭できる。

担当者様より届いたメールより引用

とのこと!

人間工学に基づいた「クローズドハンドル」形状により、長時間持っていても疲れにくくなっているようです。ハンガーに衣類をかけたまま、スチームでシワを伸ばすガーメントスチーマーとして使用する際に、この疲れにくい構造はお年寄りにも優しい作りであると商品ページで謳われています。

価格は2017/06/06現在で3,180円!衣類スチーマーの相場が平均的に6,000円ほどのようなので約半額、安いです。

安価ですが、機能性はどうでしょうか?実際に開封から使ってみた感想までを見ていきたいと思います。

開封していく

それでは開封していきます。

こちらがパッケージ。

開けてみると本体がお目見え…ではなく付属のミトンが出てきます。

一式を出してみるとこんな感じです。

簡単に組み立てをみてみる

本体を見ながら、簡単に組み立てを見ていきます。

専用ノズルを取り付けます。

専用機構のロックがあるため、取れたりする心配はなし!

「熱い蒸気が出るためノズル付近は触ってはいけない」という注意書き

アイロンがけできるもの

このスチーマーでかけられるものは次の通り。

  • シャツ
  • スーツ
  • トレンチコート
  • 制服
  • カーテン
  • クッション
  • シーツ
  • テーブル掛け

早速使っていく

本体を見てみたところで、早速水を入れて使っていきます。

注意したいのが、スチームに使える水は「水道水のみ」ということ。ミネラルウォーター・軟水器の水・アルカリイオン・リネンウォーターなどは使わないでくださいという注意書きが説明書に記載されています。

MAXというメモリまで注いでおきます。

しっかりロックをかけます。

電源を投入して沸騰するまで待ちます…。使用可能になるまでおよそ1分半ほどかかります。

ブクブクと沸騰してきたのが本体についている窓から見ることができます。

ノズルから蒸気が出始めたら使用準備完了です!MAXまで水が注がれていればおよそ7~8分ほど使えます。

実際に使ってみた

沸騰したところでさっそく使っていきます。

付属のミトンをつけ、さっそくしわしわになってしまったシャツの一部分に使ってみました。

上記の写真はまだかけていない状態。斜めのしわなどができているのが分かります。

上記の写真は実際に使った後の写真。さきほどあった斜めのしわなどが消えて綺麗になっているのがわかります。

朝の急いでいる時間などにさっとかけられるレベルのスチームでこれは許容範囲で良い感じだと思います。

懸念点

使い終わった後に気づいたのですが、タンクの裏側に水蒸気がついてしまっています。熱気で裏に水分が回ってしまっているのだと思いますが、拭き取ることができないためちょっと心配かも…。

まとめ

簡単に箇条書きで良い点・悪い点を挙げておきます。詳しく読みたい場合はその下の文章をお読みください。

 

良い点

  • 水が入った状態でたったの595g。
  • 90秒で使用可能になり、ワイシャツならば約3分でしわ伸ばしが終わる。
  • ハンガーに掛けたまま使用でき、除菌・消臭までできる。

悪い点

  • 拭き取れない本体の裏側に水分がついてしまう。
  • 使用後すぐに蒸発した後に残っている水あかの掃除はできない。

 

3,000円程度で購入できる衣類スチーマーとしてはなかなかの使い勝手だと思います。この安さながら、専用ミトンが付属しているところも評価すべき点です。本体の重量も水を入れた状態でも595gと非常に軽い。90秒で使えるようになるので、通勤・通学前の急いでいる時間などでも、アイロンがけをし忘れた衣類を着る前にサッとハンガーにかけたままスチームをかけられ、除菌・消臭ができるのも嬉しいところ。約3分でシワを伸ばすことができます。

ただし、不満点として先ほどの拭き取ることができない裏側に水分が付着してしまうこと、使用後すぐに本体が冷えるわけではないので、内部に残った水あかの掃除はすぐにできません。それ以外の不満は特にありません。

数万円する有名メーカ-の衣類スチーマーはちょっと手が出ない…という方にぜひオススメしたいです。検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)