Sponsored

話題のAirPodsを手に入れた

話題のAirPodsを手に入れた

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

未だに在庫が足らずに入手がそこそこ困難と言われている「AirPods」がヨドバシ.comだと余裕で手に入るようなので実際に注文してみたら本当にすぐ届いたので今回レビューします。注文してから1日で届きました。未だにApple Storeでは6週間待ちというレベルなのに…。なんだこの差は。

この通りApple Storeは6週間待ち

対してヨドバシ.comは在庫あり。ただし店舗受け取りはなし。

ヨドバシのポイント消費も兼ねてせっかくということで買ってみました。

本物本物!

パカァ~っとすると

本体…じゃなくて説明書類が出てきました。

本体が先に出てこないって言うのも結構珍しいのでは?

こちらが本体です。思いのほかケースも小さい。

その下にも何かあるようですね。引っ張ってみると

Lightningケーブルが出てきました。充電するためにLightningケーブルが必要になりますが、それもしっかり付属しているのは嬉しい。

というわけでさっそくペアリング…。

超簡単で、フタを開けると勝手にiPhoneやiPadにポップアップが出てきてペアリングを簡単に済ませられます。

できた~!

これでもう使えます。

使ってみて

実際に使ってみましたが、個人的にいいなって思った点は以下

ここがいいね

  • 音質がBluetoothだけどとてつもなく良い。ワイヤードイヤフォンとの違いが分からない。
  • 本体ダブルタップでSiriを立ち上げたり、音楽の再生/停止ができる。
  • マイクの音質が良い!→そうでもなかった。
  • 邪魔にならない。
  • EarPodsが問題なく使えてる方ならば違和感なく使える。
  • 思いのほか外れたり落ちたりしない。

音質がBluetoothだけどとてつもなく良い。ワイヤードイヤフォンとの違いが分からない。

最近のBluetoothの音楽のプロファイルって進化してるんですね。有線のイヤフォンとの音質の違いが分かりませんでした。

本当にEarPodsからケーブルをなくしただけって感じです。そのぐらい音質に差がありません。逆に言うとEarPodsから音質上がってる!って事はなかったです…。

本体ダブルタップでSiriを立ち上げたり、音楽の再生/停止ができる。

本体ダブルタップでSiriの立ち上げは使っていません。そもそも装着した状態でSiriを使うなんてまだまだ恥ずかしさがあります…。なので音楽の再生/停止を割り当ててますが、どうせなら(ダブルタップだけだから戻せなくていいから)曲のスキップだけでもできるようになったらいいな…。※iOS 11からより詳細にダブルタップ時の動作が選べるようになり、曲のスキップやリバースができるようになるようです!

マイクの音質がいい!→そうでもなかった。

今までBluetoothのイヤフォンのマイクは、通常の電話用途で通用するレベルの音質でしかなかったため、Skypeなどで使うと音質の悪さが目立っていました。それがAirPodsではEarPodsと変わらない音質のマイクのようなので(※参照)特に音質をツッコまれる事がなくなりました。通話用途にも使おうとしている方に、AirPodsは他のBluetoothのイヤフォンよりもオススメと言えるのではないかと思います。

※改めて確かめてみたところ、言うほど音質は良くありませんでした。LINEやSkypeなどのような通話アプリで耐えうる音質ではありますが、言うほど良いというわけではなかったようです。EarPodsと音質が変わらないマイクが搭載されているという期待を抱かせる情報をお伝えしてしまい申し訳ありませんでした。

邪魔にならない

EarPodsだとケーブルがあるため、満員電車の中などで使うのをためらっていました。また、iPhoneをポケットに入れてEarPodsをつないで音楽を聴いたりしていたのですが、ズボンのデザインによってケーブルが引っかかって地味にストレスになっていました。これが全くなくなったのが嬉しいです。こういったところで完全ワイヤレスの恩恵を大いに受けています。

EarPodsが問題なく使えてる方ならば違和感なく使える。

形状がほぼ一緒のようなので、EarPodsが問題なく使えている方ならば装着感などに違和感なく使えると思います。

思いのほか外れたり落ちたりしない。

EarPodsのときは、ケーブルでちょっと引っ張ったくらいで外れそうになっていたのですが、そのケーブルがなくなるだけでここまで外れることが減るって言うにも驚きです。

ぱっと見たとき「いやこれ絶対落ちる」って思っていましたが、意外にも身体を動かしていても落ちることはありませんでした。

 

つづいて、ここが微妙という点は以下

ここが微妙

  • 音楽のスキップができない。 ※iOS 11にて対応予定
  • いつでもバッテリー残量を確認できるわけではない。
  • 低遅延だけど遅延はある。
  • 値段なりとは思えない。

音楽のスキップができない。

EarPodsについていたリモコンでは、音楽の再生/停止だけでなく、音楽のスキップなどもできていました。曲を戻せなくて良いのでせめてスキップぐらいは欲しいと感じました。

iOS 11にて対応されるらしいです!やったね!

いつでもバッテリー残量を確認できるわけではない。

一応接続中の場合は確認できるのですが、接続せずに充電しているときに充電状況が見られるようになったらいいなと思いました。ケースの蓋を開けて残量確認はできますが、充電中に蓋を開けっぱなしにしておくのも…。

低遅延だけど遅延はある。

他のBluetoothの再生デバイスに比べて遅延は少ない方に感じます。ですが、それでも遅延はあるのでラグなどで左右するリズムゲームには使いづらいと思います。ゲーム自体の「リズム調整」で良い感じにはなります。

値段なりとは思えない。

これを言ってしまうとあれですが、使ってみて感じたのは、これに税込約18000円も出す価値があるのかという点です。

個人的には「No」です。中に搭載されているチップや構造でこの価格なのだと思いますが、音質面だけで見たら確実にこの値段の価値はないです。

ですが完全ワイヤレスの恩恵は非常に大きいです。そことのバランスをどう見るかになってくると思います。

最後に

買ってからはや3日が立ちますが、リスニング用途用のワイヤレスのイヤフォンは実はこれが初めてです。イヤフォンとマイク音質の良さに驚いたと共に、「完全ワイヤレス製品というのはこんなに便利なのか」という事にも驚きました。充電はをしなければいけないという不便さはありますが、ケーブルがないため着けているという事を忘れます。AppleのAirPodsだけでなく、他社からも続々と製品が発売されている(しかも安価で)ようなので「完全ワイヤレスイヤフォン」の今後に期待です!

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

コメントする

*
*
* (公開されません)