Sponsored

お知らせ

詳しく読む

iMacを疑似Fusion Drive化!こりゃはやい!

iMacを疑似Fusion Drive化!こりゃはやい!

BootCampを共存させる方法を新たに書きました。

記事はこちら→iMacを疑似Fusion Drive化、BootCampを共存させる方法

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。
現在メインで使っているiMac Late 2012で、試しにFusion Driveを組んでみました。

すでに先人様が大量におられますので、今回は(全く普通にいけるけど)Yosemiteでやってみたので書いておきたいと思います。

なお、私の構築環境は内蔵HDD+外付けSSDなので、ディスクユーティリティが勝手に組んでくれるなんていう優しい機能は動作しませんでしたので、面倒ながらもターミナルを経由して組んでいます。

今回紹介している内容を実際に行う場合は、自己責任において行ってください。

なお、あくまで”疑似”?のため本物のFusion Driveと同等の動作をするかは不明です。

本物のFusion Driveも同じCore Storageで組まれており、同一であると確認されているようなので同じとみて間違いないと思います。

fusion_drive_1

 

以前、外付けSSDでBootCampでご紹介したSeagateのThunderbolt HDD Adapterを利用して構築します。SSD側は理論値10Gbpsで転送可能ということになります。また、Thunderbolt経由のため、システムからはSATAという扱いで見られます。(ただし外付け認識)

なお、内蔵HDDを完全にフォーマットするのでHDD内の復元HDは残りません。この作業を行う前に、USBメモリなどに復元ディスクを作っておく必要があります。(割愛)

なお、インターネット復元(Command + R)でリカバリーモードに入れますが、いざというときのために、この機会に外部メディアにインストーラをつくっておいて損はないと思います。

構築方法

fusion_drive_9

 

復元ディスクから起動させるためにブートメニューを開きます。

fusion_drive_3

起動時にoptionキーを押し続けるとブートメニューが開きます。

fusion_drive_4

コマンドを打って作業

外部メディアからインストーラが起動できたら、ユーティリティの中のターミナルを開きます。

fusion_drive_5

ターミナルに

diskutil list

を入力します。このコマンドで、Macに接続されているディスクを全て閲覧できます。リストの中からFusion Drive化したいHDDとSSDのディスク番号を確認します。

今回は、”disk0″“disk1”でした。(以後、この値は個々の環境にあわせて変えて読んでください)

fusion_drive_6

diskutil cs create “論理ボリューム名” disk0 disk 1

論理ボリューム名は、自由に入力してください。また、この名称は後で変更できます。変更は

diskutil cs rename “変更したい論理ボリューム名” “論理ボリューム名”

で可能です。

fusion_drive_7

Finished ~ と表示されれば、論理ボリュームの作成完了です。

このときに表示されているCore Storage LV UUID :の後の値をコピーしておいてください。この後使います。

 

続いて、論理ボリュームの中にパーティションを作成します。

fusion_drive_7

diskutil coreStorage createVolume UUID jhfs+ “パーティション名” 100%

UUIDの部分に、先ほどコピーした値を貼り付けてください。

パーティション名は好きな名前で、100%の部分は論理ボリュームをどの程度利用するか指定する値ですが、今回は全て利用したいので100%で構築します。

fusion_drive_8

Finished ~ が表示されれば無事パーティションが作成されました。

ここからは楽ちん

最後にディスクユーティリティを起動して

fusion_drive_10

ディスクの種類が 論理ボリュームグループとなっていたらFusion Driveに利用するドライブは完成です。

最後にOSをインストールします。

fusion_drive_11

 

他の方の記事では、そのままTime Machineから復元ではエラーになるという書き込みがありました。

私は、そのまま復元してみたところ普通に復元できてしまったので、少なくともYosemiteでは問題なくOSインストールをせずに復元してしまっても問題ないと思われます。

ただ、ドライブ構成がかなり変わるので、一度手動で環境を再構築する意味も含めて手動で復元するのもいいんじゃないかな、と思います。(その方がFusion Driveの学習も捗りそうですし)

肝心の速度

 

before_fusion_drive_bench

こちらは、Fusion Drive化する前の内蔵HDDです。

SSDのほうはBootCampで利用していたため、速度テストできませんでした…。

 

after_fusion_drive

こちらがFusion Drive化した後の結果です。(1回目)

 

after_fusion_drive_2

 

2回目

 

 

after_fusion_drive_3

連続で速度を測っていると、書き込み速度がどんどん落ちていきました。おそらくHDDに移動されているからだと思います。

 

まとめ

今のところまだ構築したばかりなので、ファイルの使用頻度に合わせてSSDとHDDを振り分けるという機能の効果は体験できていません。ですが、OSの起動の速さや終了の速さはSSD並です。OSなどはSSDに優先的に振り分けられているそうなのでその効果なのでしょう。速さがメリットなSSDと大容量がメリットのHDDのお互いの弱点を補いつつおいしいとこ取りができるこの機能は、たとえ”疑似”だとしてもすごいと思います。

バックアップをしっかりしつつ、この機能を存分に体験してみたいと思います。

この記事を書いたのは…

「風船の気まぐれブログ」管理人。自由気ままに様々なジャンルのブログ記事を書いています。 歌ってみたのMix、踊ってみたの撮影、動画のエンコードなども趣味の一つとしてやらせていただいています。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] iMacを疑似Fusion Drive化!こりゃはやい! […]

コメントする

*
*
* (公開されません)