Sponsored

【速度計測編】「AiMesh」を改めて試してスピードテストしてみた!

【速度計測編】「AiMesh」を改めて試してスピードテストしてみた!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

前回の「構築編」に引き続きASUS JAPAN株式会社様の協力を得て、今回は早速スピードテストを行ってみたいと思います。

追記

AiMeshの構築編は以下からお読みいただけます!

自宅構成

我が家は一般的な木造の一軒家です。

見取り図は以下のような感じです。

以下がメインルーターの置いてある2階です。

中央の部屋にメインルーターがあります。

以下が、AiMeshノードが置いてある1階です。

中心の廊下に置いてあります。

1階と2階を重ねてみると以下のようになります。

電波は同心円状に広がるため、うちで設置できるのは以下のようになりました。

円をカバーするように設置しているので、今回計測した場所それぞれで非常に高速な通信ができていました。

実際に計測してみた!

今回、計測に用いたデバイスは、MacBook Pro Retina 15-inch Mid 2014です。

802.11ac対応で、最大リンク速度は1300Mbpsです。

なお、飛んでいるWi-Fiは以下のようになっていました。

今回のスピードテストは、2.4GHzと5GHz-2で行いました。5GHzは、メインルーターから飛んでいたゲーミング専用Wi-Fiである「5GHz-2」がAiMeshの対象になっていたので、そちらでテストを行っています。各計測場所は、自宅構成で示されている番号とリンクしています。

計測アプリは「Speedtest by Ookla」のMacアプリ。サーバーは「Speedtest.netのTokyo」に接続しています。

それではみていきましょう!

①自室(ベース速度)

まずは、メインルーターのある自室での速度です。

5GHz
2.4GHz

5GHzは、ダウンロードが130Mbps、アップロードが87.3Mbpsとなりました。

2.4GHzは、ダウンロードが75.8Mbps、アップロードが89.7Mbpsとなりました。

ダウンロード アップロード
5GHz 130 Mbps 87.3 Mbps
2.4GHz 75.8 Mbps 89.7 Mbps

 

この結果をベースとして、各場所で計測を行ってみました!

AiMeshあり

② 浴室

スマートフォンやタブレットをお供にしやすい場所でもある「浴室」。入浴しながら動画を観たりなどいろいろあると思います。

動画ともなると、安定した通信速度が必要になります。

AiMeshの効果はどの程度発揮されるでしょうか。

5GHz
2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 104 Mbps 90.3 Mbps
2.4GHz 16.2 Mbps 28.3 Mbps

5GHzではダウンロードが104Mbpsも出ており、動画の視聴には十分な速度が出ていますね。

③キッチン

我が家で一番端にあり、それぞれのWi-Fiからも遠い場所に位置しているのがキッチンです。

5GHz
2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 61.6 Mbps 39 Mbps
2.4GHz 17.2 Mbps 23.9 Mbps

5GHzではダウンロード約61Mbpsもの速度を維持しています。

2.4GHzは必要最低限の速度といえる速度になってしまいました。

④1階PC付近

ここにネットサーフィン専用のPCが設置してあります。

5GHz
2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 60.5 Mbps 27.7 Mbps
2.4GHz 14.7 Mbps 23.9 Mbps

5GHzでは、ダウンロード約60Mbpsも出ています。ネットサーフィンには十分とも言える速度です。

⑤リビング

メインルーター直下に位置するのがリビングですが結果はいかに。

5GHz
2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 129 Mbps 89.5 Mbps
2.4GHz 68.6 Mbps 64.7 Mbps

もはや自室の真下にあるリビングでは、メインルーターへの接続が優先されているようで、速度は自室とほぼ変わらない結果となりました。

ここでは、AiMeshの恩恵を受けられている感じはしませんでした。というか、リビングに至ってはAiMeshは不要です。

 

それでは逆に、AiMeshなしではどうなるのでしょうか?AiMeshを解除して試してみました。

AiMeshなし

②浴室

5GHz
2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 計測不可 計測不可
2.4GHz 70.2 Mbps 19 Mbps

なんと5GHzは接続すらできず、計測できませんでした。

2.4GHzは電波の特性とルーターの性能のおかげか、非常に高速な通信ができました。

③キッチン

2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 計測不可 計測不可
2.4GHz 計測不可 計測不可

家の端っこでもあるキッチンでは、5GHzに至っては検出すらできず、2.4GHzは検出ができるも接続すらできませんでした。

AiMeshの恩恵を一番実感することができる場所でした。

④1階PC付近

5GHz
2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 計測不可 計測不可
2.4GHz 1.26 Mbps 2.02 Mbps

5GHzは接続ができないため、計測不可でした。2.4GHzはかろうじて接続ができ、速度もかなり低速でした。これではネットサーフィンもキツいです。

⑤リビング

5GHz
2.4GHz
ダウンロード アップロード
5GHz 153 Mbps 87.3Mbps
2.4GHz 74.3 Mbps 52.8 Mbps

メインルーター直下のリビングでは、AiMeshがなくとも十分な速度が出ていました。

まとめ

今回、4箇所でスピードテストを行ってみましたが、結果の通り、AiMeshなしの場合だと場所によっては接続すらできず、最悪の場合検出すらできないという結果もありました。AiMeshのおかげで家の端でも快適にWi-Fiが利用できるようになりました。

「お風呂場でWi-Fiが不安定になってしまい動画を観られない!」といった悩みがある方や、自宅の一部箇所でWi-Fi接続が切れてしまう!という悩みをお持ちの方には、AiMeshはベストソリューションになるのではないかと思います。

他社からもメッシュネットワークシステムを構築できるルーターは販売されていますが、どれも専用ルーターの購入が必要不可欠です。

AiMeshは、ASUS社の対応ルーターであれば専用のルーターではなくとも混在でき、各ルーター固有の機能をフルに利用することが可能です。また、SSIDがルーター毎にばらけることがないため、シームレスなローミングも可能です。

ルーターが多ければ多いほど安定したネットワークの構築が可能なので、安価なルーターを複数台設置して構築、なんてことも可能。

低コストで手軽に始められるので、メッシュネットワークシステムに興味がある方におすすめです。

アンケートにご協力をお願いします。

「ウェアラブル型ヘルスケアデバイス」に関するアンケートを行っております。

お時間がある場合のみで結構ですので、よろしければ回答をお願い致します。

ウェアラブル型ヘルスケアデバイスに関するアンケート

おすすめ記事



コメントする

*
*
* (公開されません)