【アイロボットファンプログラム】「Braava m6 jet」をiRobotアプリに設定する方法

【アイロボットファンプログラム】「Braava m6 jet」をiRobotアプリに設定する方法

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。

前回の記事は以下からお読み頂けます。

本記事は、アイロボットファンプログラムでお借りしているモニター機器を使用しています。

今回の記事では、iRobotアプリにBraavaを追加します。

Braavaの設定は?

Braavaの設定は、iRobotアプリから行えます。

Imprintスマートマッピングを設定する

Braava jet m6には、Roombaの一部モデルと同様、Imprintスマートマッピング機能が搭載されている為、自宅の間取りを学習し、指定した部屋だけを掃除することが可能です。

その設定を行ってみます。

これがImprintリンクか!

Roombaの画面に戻ったら、「ルンバ、ブラーバに出会う」との画面が!

Braavaのスマートマッピング機能はまだトレーニング中でしたが、特に問題なくImprintリンクを設定できました。

尚、リンク清掃の設定画面は、RoombaとBraavaどちらの画面からでも呼び出すことができます。

実際の挙動はどのようになるのかを動画でご紹介します。

以下の動画でImprintリンク清掃の挙動をご確認ください。

i7+のクリーンベースの大きな吸引音が入っておりますので、音量と掃除機の音が苦手な方はご注意ください。

ということで…。

iRobotアプリにBraavaを設定して、Imprintリンク清掃も試してみました。

Imprintスマートマッピングで、自宅の間取りを学習させて、必要な時に必要な部屋だけをお掃除も可能。

Roombaをお持ちの方は、是非Braavaとのリンク清掃機能も試してみてください。

次回、ぶっちゃけBraavaに拭き掃除を任せてみてどうだったの?という赤裸々な記事をお送り致します!

コメントする

*
*
* (公開されません)