Macでも高リフレッシュレートディスプレイを有効活用したい!

Macでも高リフレッシュレートディスプレイを有効活用したい!

こんにちは、風船(@fusen_niconico)です。
2021年10月、M1 Pro搭載のMacBook Pro 16インチを購入して、贅沢に持ち出し用兼作業用マシンとして使っています。
そしてつい最近、RTX 3080搭載のゲーミングPCをフル活用するために[email protected]という贅沢すぎるゲーミングディスプレイをこれまた購入。
ある意味散財ですね。いえ、しっかりと使うものなので散財とは言わないかもですね。

実は高リフレッシュレートディスプレイを何台か所有してます

ということで、我が家のディスプレイ事情は以下の通りとなってます。
1台はテレビなのでディスプレイとは言えないかもしれませんが…。

ディスプレイ解像度リフレッシュレート
MacBook Pro3456×2234120Hz(可変)
LG製有機ELテレビ3840×2160120Hz(可変)
DELL製ゲーミングディスプレイ3840×2160144Hz(ある意味可変)
手持ちの高リフレッシュレート対応ディスプレイ

さて、MacBook ProのProMotionディスプレイもあり、120Hzの有機ELテレビもあり、さらには[email protected]のゲーミングディスプレイも手元にあるわけです。(もっと言えばiPhone 13 Pro Max、iPad Proも使っているのでマジでどれを使ってもぬるぬる環境です)
ここまで来ると、どのディスプレイを使ってもぬるぬるで作業が出来てしまうわけなのです。
というわけで、手持ちのMacBook ProにはHDMIポートが搭載されているので、そこにウルトラハイスピード対応のHDMIケーブルを挿せば簡単に高リフレッシュレート環境が出来上がってしまうのでは!?と知恵が働くわけです。
ところがそう簡単にはいかないんですね。

思わぬ落とし穴、MacBook ProのHDMIポートは4Kだと60Hzまで!

実は、2021年版のMacBook Proに搭載されているHDMIポートは、HDMI 2.0なんです。
[email protected]に対応しているのは、HDMI 2.1なので実際は[email protected]までしか出せません。
なので、HDMIポート経由で接続すると[email protected]までしか選べないのです。

ご安心ください。実は、USB Type-Cポートを経由して出力させれば高リフレッシュレートディスプレイが使えるそうです。
というわけで以下のケーブルを買ってみました。

Type-C to DisplayPortのケーブルです。
これを使うと[email protected]または144Hzで出せるらしい。

注文したら翌日には届きました。Amazonさん本当に仕事はえーっす。

これをMacBook ProのUSB Type-C端子に接続して、ディスプレイのDisplayPort端子に接続します。

144Hzで出力できた!

商品のレビュー欄に、既にできましたっていう報告が上がっていたので当然ながら簡単にできました。

ディスプレイ設定

しかもよく見ると「可変」という項目があります。
これは、ディスプレイがVRR(可変リフレッシュレート)に対応していると選べるようですね。
選べない場合はディスプレイの設定でFreeSync等の項目が有効になっているか確認してみてください。
余談ですが、VRRはAMD FreeSyncがベースとなっている技術らしいので、G-Syncのみ対応ではもしかしたらできないかもしれません。

ところで、今使っているゲーミングディスプレイはDisplayPort端子が1個しかありません。
なので、普段ゲームで使っているゲーミングPCもDisplayPortで接続しているので、Macを使おうと思ったらその都度ケーブルごと差し替えなければいけません。
これはスマートではないですね。
そこで、HDMIでディスプレイに入力できれば、そういった手間がなくなると考えました。

HDMIだと120Hzになるけど、Macで144Hz必要だろうか

よくよく考えたのですが、ゲームに使用するなら高リフレッシュレートであればあるほど良いので、144Hzほしいですが作業でしか使用しないマシンでそこまでのリフレッシュレートは必要なのか?という疑問が出てきました。
120Hzでもいい、と妥協できればType-C to HDMI 2.1ケーブルで、HDMI経由で[email protected]出力で使用できるわけです。
個人的に、Macでゲームはしないので120Hzで良いじゃんと言うことになりました。ProMotionが120Hzですし、むしろそれと同じリフレッシュレートで使えるようになるとプラスに考えることにしました。

まーたケーブル買い直した

というわけで、またケーブルを買いました。

購入したときは10%クーポンが適用されたので、3600円ぐらいでした。
これで[email protected]で出力できるし、ディスプレイ側はHDMIポートを使うのでDisplayPortを温存してゲーミングPC専用にできるようになりました!
と、喜んだのもつかの間でした。

なんと、Type-C to HDMIケーブルだと、HDMI 2.1対応のケーブルであるにもかかわらず、144Hzが選べないのです。
いろいろ調べてみた結果、MacのType-Cからの映像出力は少し特殊で

  • Type-C to DPだと、DisplayPort 1.4に対応しているので、[email protected]の出力が可能。
  • Type-C to HDMIだと、HDMI 2.0までしか対応していないので[email protected]の出力が可能。

つまり、MacのHDMI自体がHDMI 2.0なので、Type-Cで変換しても出力ができないんですね。
やってしまった…。

ちゃんと注意書きが商品ページに書かれていました。確認不足でした。

現状、Macで高リフレッシュレートディスプレイはType-C to DPケーブルが最強

ということで、2つのケーブルを使用して検証を進めてみましたが、現状、Macで高リフレッシュレートディスプレイを使用する場合は、Type-C to DPケーブルを使う必要があることが分かりました。
次期Macは、HDMI 2.1に対応してほしいですね。

以上、Macで高リフレッシュレートディスプレイを使う方法と注意喚起でした!

関連コンテンツ

コメントする

*
*
* (公開されません)